セカンドライフの今後の予定

Second Life

セカンドライフの今後の予定

セカンドライフで予定されている今後の計画をご紹介します。

モバイルアプリ

iOSとAndroid用のセカンドライフのモバイルアプリが現在開発中です。

ただし、これは“ビュアー”ではなくて、“コンパニオンアプリ”と呼ばれています。
下記の機能が最初のバージョンでサポートされる予定です。

  • コンパニオンアプリ専用のSIMへのログイン
  • IM
  • グループチャット(グループIM)

コンパニオンアプリでログインした場合は、モバイル版専用のSIMにログインする形になります。このSIMには、パソコン版のユーザーは入ることは出来ません。

コンパニオンアプリ専用のSIMは、現在3つ用意されているそうです。
下記のSIMが該当するSIMだと思われます。

このSIMにテレポートしようとすると…、
「このSIMはモバイルビュアー用に予約されています」というメッセージが出てきます。

下記の機能は、当面サポートされません。

  • インワールドの3D表示機能
  • ローカルチャット

モバイルで、ちょっとした連絡をするためのアプリという位置付けのものです。
“セカンドライフビュアー”ではありませんので、その辺は間違えないようにしてください。

現在、iOS版が先行して開発されています。
アップルストアでのパブリックベータ版に向けてアップルへ一度アプリの提出が行なわれたそうですが、審査で却下されてしまったそうです。現在は次の審査に向けて準備が進んでいるそうです。

ビュアー

公式ビュアーでは、複数の機能が開発中です。

Copypaste

編集ウィンドウの各パラメータを簡単にコピー&ペースト出来る機能が追加されます。

編集ウィンドウに新設された「Copy」「Paste」ボタンで、編集ウィンドウの設定をコピー&ペースト出来ます。

コピー&ペースト出来る内容は、歯車アイコンにある設定から選択することが出来ます。

Legacy Profiles

公式ビュアーで採用されているWebベースのプロフィールを、Firestormなどで採用されている旧形式のプロフィールに戻すものです。

Legacy Profiles Viewerでのプロフィール

Simple Cache

ビュアーでダウンロードされたメッシュやサウンド、アニメーションなどのキャッシュファイルを管理するシステムの改良が行なわれています。複雑だった仕組みを、よりシンプルにしようという試みが行なわれているそうです。

Muscadine

AnimeshをLSLでカスタマイズ出来るようにする機能が追加されます。
シェイプスライダーの値が、LSLで動的に変更出来るようになります。

現在は、担当者がARCTANの作業を優先にしていますので、Muscadine Viewerの開発は保留中です。

360 Snapshot

セカンドライフビュアーだけで、360度パノラマ画像を撮影出来るようにする機能が追加されます。

360 Snapshot Viwerでの360度パノラマ画像撮影
撮影した物は、その場でパノラマの状態が確認出来ます。
撮影されたパノラマ画像は、ローカルへの保存などが出来ます。

現在は他の機能の開発が優先されていて、360 Snapshot Viewerの開発は保留中です。サーバー側での対応も必要なため、クラウドへの移行が完了した後、作業が再開される見込みだそうです。

UI

セカンドライフ公式ビュアーのUIを初心者でもわかりやすく改良するプロジェクトです。

セカンドライフ公式ビュアーのメニュに、「アバター」メニューが追加されました。また、アバターを右クリックした際のメニューもリニューアルされました。アバターに関連する設定はここに集約されました。

インベントリウインドウの検索欄に、検索対象から下記の内容を除外するフィルタ機能(目のアイコン)が追加されました。

  • ゴミ箱
  • ライブラリ
  • リンク

お気に入りバーにランドマークボタンが追加されました。このボタンを押すと場所ウインドウが開きます。

場所ウインドウの「お気に入り」が、別タブに分離されました。お気に入りと普通のブックマークを明確に分ける意図があるそうです。

ランドマーク作成時に、Webブラウザのような確認ウインドウが表示されるようになりました。ランドマークをどのフォルダに保存するかも、ここで設定できるようになっています。

チャットウインドウに、訪問した場所の履歴も表示されるようになりました。この内容は、チャットのログには残らないようです。またログアウトすると消えていましたので、現時点ではログイン中の一時的なもののようです。

EEPの設定ウインドウに、「方位角(Azimuth)」「仰角(Elevation)」のスライダーが追加されました。


以上のビュアーは、公式サイトのAlternate Viewersのページからリリース候補版やプロジェクトビュアーとして開発中の物を試すことが出来ます

下記の内容は、プロジェクトビュアー等としてはまだ用意されていない物ですが、リンデンラボの内部で準備中の物です。


Voices Carry

チャットレンジを変更可能にするプロジェクトです。

セカンドライフのチャットは通常20mの距離まで届きますが、この範囲をSIMの設定で変更出来るようにする機能が現在開発中です。

変更出来るのは、チャンネル0のチャットのみです。他のチャンネルには影響はありません。

このプロジェクトでは、SIM側/ビュアー側双方に変更が入るそうです。

現在、ベータグリッドの「Animesh1」「Animesh2」「Snark」SIMでこの挙動を確認出来ます。こちらでは、40mまでチャットが届くように設定が変更されているようです。(現在のビュアーではSIM側の設定値は見れませんので、アバター2つを使って実際に届く距離を調べました。)

ARCTAN

ビュアーの描画コストを全面的に見直すプロジェクトです。

  • アバターのレンダリングコストの再見直し
  • Rezされたオブジェクトにもアバターのレンダリングコストと同等の評価を導入
  • 描画の負荷を意識した、ランドインパクト(LI)の見直し
  • LODを適切に使用していないものは、描画コストにペナルティを加える(低LODにもハイポリゴンのモデルを設定している場合など)

といった感じのものが検討されています。

Jelly Dollsの改善が終わりましたので、次は下記の項目が予定されています。

  • アバターのレンダリングコスト(ARC)をユーザーに提示する方法を改善
  • UIでのパフォーマンス調整機能の改善

ビデオメモリの拡張

現在の公式ビュアーは、ビデオメモリは512MBまでしか利用出来ません。

このため、メッシュやテクスチャーが多いところに行くと、少ないメモリで画面の表示をおこなわないといけないため、テクスチャーの切り替えでパフォーマンスが低下したり、きれいに表示されたはずのテクスチャーがぼやけてしまうといった現象が起きてしまいます。

サードパーティー製ビュアーではこの部分を拡張して512MB以上のビデオメモリを利用可能にしているものがあります。
このソースコードが、リンデンラボに提供されたそうです。

リンデンラボもこの部分は公式ビュアーでも改善したいそうで、作業予定のリストに現在含まれているそうです。

グラフィック改良(UI)

現在のセカンドライフ公式ビュアーは、3Dシーンの描画の際毎フレームビュアーのUIも描画を行なっているそうです。これは少なからず3Dシーンを表示する際の負荷に影響があるそうで、現在3D描画からのUIの描画の分離の作業が始まったそうです。

この改良により、3D側の描画処理の変更無しに描画の負荷が軽減される可能性があります。

グラフィック改良(macOS)

macOS 10.14 Mojave以降、OpenGLは非推奨になっています。
そのためリンデンラボでは、セカンドライフビュアーのMetalへの移行を現在検討中です。

この対応が行なわれた場合、Metal非対応のMacではセカンドライフビュアーは動作しなくなる可能性があります。

グラフィック改良(Windows)

macOSでのMetal移行が完了した段階で、Windowsもグラフィック周りの改良が行なわれるそうです。

ARM Mac(Appleシリコン)対応

ARM CPU(Appleシリコン)を搭載したMacでもセカンドライフ公式ビュアーを使用出来るようにするための調査が行われています。


ビュアーも、今後もさまざまな機能追加や改良が予定されています。

プレミアムプラス会員

セカンドライフには、無料会員のベーシックと有料会員のプレミアムの二つのランクがこれまでありましたが、三つ目のランクとして「プレミアムプラス(Premium Plus)」が現在準備中です。

プレミアムプラスでは、プレミアムアカウント以上の特典を受けられるそうですが、まだその詳細は公表されていません。

本来は2020年春に導入予定でしたが、まだ検討が必要なことがあるのと、新型コロナウイルスの世界的な流行の影響もあるため、現在導入は延期になっています。

Back To Top